コンテンツへ移動

国会議員は法案の社会に対する正当性を審議し成立させる資格を付託された集団 法律を隠れ蓑にする行為は許されない

2018/11/02

国会議員は法律の社会に対する正当性を審議し成立させる資格を付託された最高決定権を持つ人たちであり、「法律に違反していません」と胸を張る存在ではない。 自身の反社会的行為を指摘(疑われ)たとき、既成の法律を隠れ蓑にする行為は許されないのは自明の事実であろう。

最高知性の人と目されている片山さん、お雇い弁護士のテクニックに従う無知なおじさん議員とは違うはず。

自身の確たる証拠と説得力で疑惑を晴らすべきで、あなたの政治活動が続く間に決着しそうもない裁判(再審権を行使した場合)に付託することの不条理は百もご承知と思う。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。