コンテンツへ移動

「お脈を計りましょう」外来診療現場からなくなった言葉 血圧測定中に分かることだが、計測値を記録されることは少ない 

2018/08/14

大迫研究にでは家庭血圧計測と同時に得られる心拍数の変動性と予後の関係が注目されていた。心拍が頻脈傾向を示すものは明らかに不良な予後が認められている。

最近ウェーアラブル健康ウォッチで簡単に心拍細動の警告を見ることができる。心因性の脳梗塞の原因として危険な突発性心房細動は稀に起こる現象で、診療中に見つかる確率は低い。下の画像は突発性心房細動の発生状況をエプソンのウォッチで記録したものである。突然発症し自然に停止する。急激な運動やストレスによる心拍上昇とは明らかに違う。しかし自覚症状は一般に軽微で気付かない人も多いという。

下のグラフはABPMで計測した(30分間隔)脈拍数で、上部バーコードは服用薬の経過を示す。ピンクの塗りつぶしは心房細動の記録範囲を示す。

脈拍数を表す点のバラツキは心拍の変動性を示す目安であり。大迫研究では変動が小さくなくなるに従い予後が不良となる。そしてこれらは血圧変動とは独立して認められ、臨床的価値の重視が提唱されている。変動の標準偏差などは以前のブログ記事に示した。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。