コンテンツへ移動

今年最高気温を記録した日の自宅住居内温度記録

2018/07/18

7月17日、岐阜市では最高外気温が40℃近くまで上がった。空冷ヒートポンプ式インバーター制御22.4kW、住居内空気ダクトによる床置循環式エアコン(日立)で常時運転をしている。空調設計時には24時間30℃以上の外気温が続くような猛暑は考えていなかった。

運転状況は常時モニターしていて、この日の運転状況のグラフは下図のようで、室温の最高値は25℃以下には保つことは実現できている。運転設定温度は23.5℃。

グラフは上から3行が3相200V電源の電流、細かいひげのような電流変化は200V3相調理器のものである。続いて家庭電力単層3線式の中性線から両側の100V線電流。

下から上に3行目が室外機の吸気外気温、2行目が室内気温、最下行は室内機の吸気温度である。家屋内の温度を26℃から22℃に保つことはできている。

今年の冬には一日中氷点下の日があり、暖房運転の能力不足で室温が18℃以下に下がり夜中に設置温度の警報音で起こされたことがある。設計時には思いもよらない荒っぽい天候変化を実感している。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。