Skip to content

世界に誇れる日本の公衆健康の成果そして安全社会 高所得国際社会の国々と比較して。日本と無関係な目的で作成された国際比較資料より

2018/05/23

素晴らしい日本を証明する根拠。日本と無関係な目的で作成されたアメリカの国際比較資料より。

OECDの健康統計を資料とした世界の高GDP12ヶ国間での比較レポートによる日本の順位。

https://www.healthsystemtracker.org/chart-collection/know-social-determinants-health-u-s-comparable-countries/#item-start

① 日本の総健康消費量(GDP比)上位2位(4階級中)、社会支出総額(GDP比)5位(8階級中)

② 日本の平均年齢 高齢1位(11階級中)、高齢化率1位(12ヶ国中)

③ 日本の平均寿命 長い方から1位(12ヶ国中)

④ 日本の社会保険率; 100%

⑤ 日本の一人当たりのタバコ消費量順位 3位(12ヶ国中)

⑥ 日本の 肺、気管および気管支がんにより失われた年数;  障害調整・生存年数(DALY)*、21ヶ国中最も短い

⑦ 日本は肥満の有病率が最も少ない (9ヶ国中)

⑧ 日本の 成人の運動不足の生活態度、18歳以上の成人における身体活動不足等による、障害調整・生存年数(DALY)*; 悪いほうから2位(12ヶ国中)

⑨ 血管疾患により失われた 障害調整・生存年数(DALY)*; 日本は最短(12ヶ国中)

⑩ 飲酒による 障害調整・生存年数(DALY)*; 日本は最短(12ヶ国中)

⑪ 飲酒による肝臓がん、肝硬変の疾患の障害調整・生存年数(DALY)*; 日本は最短(12ヶ国中)

⑫ 疾病の環境負荷による障害調整・生存年数(DALY)*;日本は最短

⑬ 日本は、偶発的中毒事件よる障害調整・生存年数(DALY)*;は高い方から三位(10階級中)

⑭ 自動車事故による障害調整・生存年数(DALY)*;日本は12ヶ国中最小である。

⑮ 銃器による障害調整・生存年数(DALY)*;日本は12ヶ国中最小である

*(DALY)障害調整生存年数 Disability Adjusted Life Years : 「早死することによって失われた年数(DLL)と障害を有することによって失われた年数(YLD)の合計」。細田満和子

http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n327/n327013.html

総括

全15項目中日本が最も良いほうからの順位は12ヶ国中、一位11項目、二位が1項目、三位が2項目ただし喫煙量⑤が多い方から3位であるにもかかわらず⑥の肺がんなど呼吸器病でのDALYは最小となっている、 最悪からの順位2位が1項目のみ⑧。こんな奇跡ともいえる最優秀社会であることを証明している。

日本のメディアが取るも足りない証拠の分からない事では日本を「よいしょ」しているのに比べ、こんな明確な事実の報道を無視している理由が分からない。

蛇足:

日本の敗戦による壊滅状態から立ち上がって70年余りで達成した成果。最近目立ってきた既得権を獲得した政・財界の権益確保勢力により再び没落の道に進む兆候を懸念するのは思い過ごしであろうか。

最近問題になっている証拠となるデータベースを勝手に改ざん破棄する日本の官庁機構、まさかWHO報告もでっち上げとは思いたくないが。統計の根拠は検証可能だろうか?

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。