Skip to content

ヨーロッパにおける高齢者の道路交通のリスクと対策に見る 運転免許の施行に関する提言

2018/04/25

第6章:6.2.3 免許と施行

ttps://ec.europa.eu/transport/road_safety/sites/roadsafety/files/pdf/studies/eldersafe_final_report.pdf

高齢者の増加に伴い、運転免許証を持つ運転者は高齢化する。したがって、将来の運転者プログラムは、運転者が特定の医療および安全基準を満たすことができる限り運転の継続を支援すべきである

その点において、段階的な運転免許制限を伴うプログラムは、高齢者の安全と移動のニーズを満たす将来の希望を提供する。

そのためには、次のことが推奨されます。

  • 運転の適応度に関して、加盟国の間で統一的な取り決めを作成する。
    運転停止および/または制限に関する決定は、年齢または特定の疾患の診断に基づいてはならない。しかし、任意の診断では安全運転に必要な健康と機能能力を判断します。
  • 学術的な専門家で認定されたモビリティセンター(指導教官、心理学者、医師、…)を設置して、医療および運転試験を実施し、個別に合わされたオーダーメイドのトレーニングを提供する。
  • 医師、医療従事者、警察、友人、高齢者の家族がリスクの高いドライバーを特定するために、コミュニティベースで運転テストを勧める紹介システムの開発を促進し、運転能力をテストし、個別に調整されたソリューションを提供する。
  • 運転者の自発的評価に参加するための通知は、オンラインチェックリストやテストなど、運転能力に関する機能的限界の影響についての意識を高めるためのものです。
  • 運転免許機関は、危険な運転者を特定するだけでなく、可能な限り安全な運転を維持するように働きかけ、非運転へ移行において手助けをする機関として養成する
  • 運転免許審査および試験のための運転者を参照/報告し、それらの報告に対する対応(免疫)を提供するためのガイドラインを医療従事者、許認可機関および法律執行官のために提供します。
  • 研究機関が科学的に健全な基準(神経心理学検査、医学検査、運転試験)を作成し、運転能力(補償行動を含む)とリスクを評価出来るよう奨励する

 

追記:思うこと

赤字は高齢者の人権と自制能力に細心の注意を払って記載していると思う部分について表示してみました。

それに比べ、日本の運転免許行政は組織権力に溺れた無知から来る人権侵害としか思えません。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。