コンテンツへ移動

ヨーロッパにおける高齢者の道路交通のリスクと対策に見る 高齢者に対する哲学(人権思想)

2018/04/19

ElderSafe

Risks and countermeasures for road traffic of elderly in Europe

Final report,    Date Pages December 2015 159.

https://ec.europa.eu/transport/road_safety/sites/roadsafety/files/pdf/studies/eldersafe_final_report.pdf

ヨーロッパにおける高齢者の道路交通のリスクと対策

要約

2050年までに、4人に1人が65歳以上になります。高齢化は高齢者が積極的に交通に参加することを意味します。その結果、高齢者の道路安全状況も変化し、運転者の生理的変化により車を運転しにくくなる機能低下の影響を経験することになります。

しかし、高齢者の自転車利用や歩行者の死亡事故リスクは高齢車の運転者よりも何倍も大きいのです。

これらの課題に基づき、本報告では道路の安全性リスクと高齢道路利用者グループ(ドライバー、同乗者、歩行者)の主な傾向を調査しました。
高齢道路利用者の危険性は疾病、機能的限界、都市道、歩行および服用医薬は重要な危険因子であると思われます。
近い将来の高齢道路利用者の安全性と移動性のニーズを満たすために、これらの危険因子に対処するための包括的で積極的な戦略が必要になります。

この対策にはすべての政策レベルが含まれ、インフラ、教育、訓練、許認可、および車両およびITS技術の分野における介入のパッケージに基づいてすべての技術設計のアプローチを適用する必要があります。

追記:思うこと

159ページに及ぶこのレポート、私はまだ精読していないが、とりあえず基本理念の紹介まで、議論のきっかけになることを願って。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。