コンテンツへ移動

道路の規制速度と走行車両間の速度差の違い 日本の合理的変更の実行例が 紹介されていた

2018/04/04

日本では、実勢速度と法定速度の差を減らす目的で、脆弱な道路利用者が少ない箇所の都市道路では、速度制限が50km/hから60km/hに増加した、堅固な中央分離帯を持つ4車線の道路では60km/hから80km/hに増加し、そのような道路では歩行者、自転車、および原付バイク(脆弱な利用者)の通行を禁止した、

一方、都市の住宅街では60km/hから30km/hに規制速度を減速した。社会的観点から見れば、脆弱な道路利用者と自動車交通が混在している地域では、合理的な速度制限が30km/hである。交差を伴う一般道路では、50km/hが適切である。

このような道路規制速度の適正化により交通事故を減らすことができた。
日本と違い、欧米における郊外の道路は80km/hかそれ以上であったため死傷事故を減らすためには、政府は道路の速度を低下させ、同じ道路を共有する車両間の速度差を減らす行動をとる必要があると提言している。

https://www.itf-oecd.org/sites/default/files/docs/speed-crash-risk.pdf

 

 

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。