Skip to content

根拠を明確にしないで強制する日本の免許更新制度 世界の先進国の慎重な研究の現状と比べて 視力検査関連のレポートの一例より

2018/04/02

Vision screening of older drivers for preventing road traffic injuries and fatalities

Trusted evidence.  Informed decisions. Better health.

信頼できる証拠、意思決定、最も良い健康

高齢者の道路交通事故や死亡防止のための視覚スクリーニング

 高齢者の人口の増加に対する、将来の交通安全政策を設計する際に、運転の制限や停止に関係してくる場合には、特に保健に関連した根拠は重要である。

研究によると、高齢者の運転停止は、うつ病や独立性の喪失などのネガティブな感情的健康管理につながることが示されている。

高齢者の交通事故死亡事故要因が他の年齢層に比べて過大に評価されている証拠:

高齢者は、他の人口集団よりも運転の頻度が低いが、道路交通事故に巻き込まれる可能性が高い統計結果が見られる、この原因はおそらく「低マイレッジ・バイアス」と呼ばれることに起因する。これは、年間運転距離の短い運転者は長距離を運転する運転者と比較して衝突リスクが高くなる現象をいう。さらに、高齢運転者は、都市部や住宅地、商業地域で運転する傾向があり、より複雑で要求の厳しい交通パターンのために、事故が起こりやすい傾向にある。高齢運転者の実勢の年間運転距離や運転場所は、移動度調査では「低マイレージバイアス」の場合に相当する。これまでの高齢運転者の衝突リスク推定値はこの特性を含んだものである。また、高齢者は通常の高齢化に伴う生理学的変化により、交通事故が発生した場合には、重大な傷害や死亡に脆弱であることに留意することも重要である。「身体的虚弱性」

運転に不可欠な視覚機能の要素:

安全に必要な視覚、視力,静的視力,動的視力,視野,視覚注位,立体知覚,コントラスト感受性である。これらの指標は通常、免許認可機関によって十分に評価されていない。しかし、許認可試験を通過するために必要な現在のビジョン・スクリーニング規制によるカットオフ値は国によって異なり、証拠に基づいて検証されたツールを開発する明確な必要性がある。そのためには、実証可能な根拠に基づいて検証されたツールを開発する必要性が明白であるが、既存の視力スクリーニングツールの有効性は依然として確証されていない。

それに必要なデーターベース、ランダム化対照試験(RCT)、視力スクリーニングを55歳以上のドライバーの非スクリーニングと比較し、道路交通事故、負傷、死亡および交通法違反への関与を評価した対照試験が必要であるが、このレビューのための包含基準を満たす研究は見つからなかった。

著者の結論:
運転免許証の更新のためのビジョン・スクリーニング試験が必要である。しかしながら、その後の事故の減少に間する視力スクリーニング試験の効果を評価する方法論的に正当な研究がない。運転適性を予測することができる視力スクリーニングの有効かつ信頼できるツールを開発する必要がある。

年齢とともに視力が低下する高齢の高齢者の割合が増加している現在、現実の証拠に基づく交通安全政策を設計する際に高齢者の視力スクリーニング要件を考慮することがますます重要になってきている。運転免許証の発行又は更新のための強制視力スクリーニングは、高齢運転者が車を安全に運転することを確実にするために役立つ。

安全運転のための良好な視力の重要性を考慮すると、視覚テストはすべてのライセンスされた運転者のために関連する問題である。

http://cochranelibrary-wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD006252.pub4/abstract;jsessionid=5FB1F75DCDD7FA994A69F53F64E27764.f02t04

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。