Skip to content

認知症の運転者に既存の強力な事故予測テストを適用した場合、結果の追跡調査では、65歳以上の千人に対し6人の事故の予測に成功したが、121人の事故が無かった者に対する運転放棄勧告をすることになった。

2018/03/13

Driving assessment for maintaining mobility and safety in drivers with dementia.

Martin AJ1, Marottoli R, O’Neill D.  Department of Geriatric and Stroke Medicine, Beaumont Hospital, Beaumont Road, Dublin 9, Ireland. alanmartin@physicians.ie.     https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23728659

認知症の運転者の移動性と安全性を維持するための運転評価

この研究は、運転成績を評価するための妥当性を構築するためのものである。大規模前向きコホート研究の一例での値から外挿すると、将来の衝突事故に特化した予測認知テストを、スクリーニングツールとして使用した場合、衝突事故を最も強く予測した認知テストでは、65歳以上の1000人に6人の事故を防止する可能性がありますが、衝突事故がなかった121人の運転を中止する代償を得ました。

著者らの結論:
認知症や他の道路利用者の運転者に公衆衛生上の大きな影響を与える分野では、利用可能な文献は見当たらない。既存の文献は、輸送移動の維持または自動車事故のいずれかの低減のための運転者評価を実証することであり、公衆衛生上の分野では目的に合わない。 医療従事者からの運転法や勧告は、認知症と一般市民の両方の運転手に対して役立つ結果を提示するためにさらなる研究が必要である。

残念ながらこの原論文は有料でありこのブログのために購入することは躊躇される。どなたか研究者のご意見を伺いたい。

 

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。