Skip to content

65歳以上の人々は、自動車運転よりも歩行者としての死亡リスクが高い。十年前の論文から

2018/03/01

Traffic Inj Prev. 2008 Aug;9(4):360-6. doi: 10.1080/15389580801895160.

The licensing of older drivers in Europe–a case study.

Mitchell CG

ヨーロッパにおける高齢運転者の運転免許更新手続きの ケーススタディ。

目的:

ヨーロッパ諸国では、多様な自動車運転免許更新手続きを実施している。それらには幅があり健康診断を受けずに生涯ライセンスを発行する国から、 70歳からその後3~5年毎に健康状態を自己申告する制度まで。

本論文では、欧州7カ国における異なる高齢ドライバライセンス手続の事例研究と、これらの方式と高齢ドライバの安全性との関連について述べた。

方法:

調査した国は、フランス、オランダ、英国、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンでの7ヶ国で構成されている。前者の3カ国は、ライセンス更新手続きが最も緩和され、後の3か国は要求される医療審査要件が最も厳しくなっている。

結果:

65歳以上の運転者の全体的な道路安全性に影響があるという証拠は、厳格な更新手続の国では危険性を検出されるべきであると思われる運転手はもはや運転していないので検出できない。最も緩和されたライセンス手続きのある3カ国では、オランダと英国は65歳以上の自動車運転者の死亡率が最も低く、フランスの割合は急速に低下している。

結論:

更新時の厳格な更新手続きや健康診断を要求することで、高齢者の運転免許の保有率が低下するという証拠もある。フランス、オランダ、英国では、65歳以上の人々が、高齢者の自立性に直接的な影響を与える最も高い運転免許を持っている。

乗用車での移動性の低下は、ヨーロッパ諸国の約半数で全交通の安全性にも影響している。ヨーロッパ諸国の約半分で交通事故の危険性データが分析され、その結果は65歳以上の人々は、自動車運転よりも歩行者として死亡リスクが高いことがわかった。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。