Skip to content

アメリカでも高齢運転者の増加にかかわらず道路の死亡事故が減少している 

2018/03/01

今日の高齢運転者は、以前の世代よりも事故に巻き込まれる可能性が低いだけでなく、事故に際し死亡したり重傷を負ったりする可能性が低いとの調査結果が示された。車の安全性能が良くなり、高齢者は一般的に健康である割合が多くなった。これは、1990年代半ばに行われ始めた調査に見られる顕著な変化であり、高齢化した運転者が米国の道路を死の道路にはしていないことを示している。

10年以上前、当研究所は当初65歳以上の高齢運転者が溢れるアメリカの道路のリスクを懸念している高速道路安全団体であった。2006年までに、予測された問題、致命的な事故データは現れなかった。2008年までのデータの追跡調査でその傾向が確認された。

see “Older drivers’ fatal crashes trend down, “Older drivers’ crash rates decline unexpectedly,” June 19, 2010).

補足: 研究所について

IIHSは自動車の衝突事故による死亡、傷害、物的損害を減らすことに専念した、独立した非営利の科学教育機関です。

HLDIは、保険データの科学的研究を通じてさまざまな種類の車両の所有および運営に起因する人的および経済的損失を表す、また車両の製造およびモデルによる保険損失の結果の公表機関です。

IIHSHLDI両方の組織は、自動車保険会社および保険組合によって完全にサポートされています。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。