Skip to content

医療サービスの受けやすさと健康寿命の国際比較 世界保健機構のデーターベースより

2018/02/13

医療従事者密度を医療サービスの受けやすさと仮定した場合の、平均寿命、健康寿命、有病期間について平均寿命26位までの国(人口4百万未満は除外)について各項目ごとの順位グラフを描いてみた。

この表を見ると、医療従事者密度が医療の受けやすさを表すことと直接関係しないように見える。これは、国民所得、医療費の公費負担や保険など、様々な社会制度に関係することが考えられる。

医療従事者の人口密度の高い北西ヨーロッパ3国、ベルギー、ノールウェイ、スイス(黄色)を見ると寿命の長さと直接関係がないように見える。医学、医薬品の研究開発を世界で牽引している英米でも際立った特徴がみられない。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。