Skip to content

寒さと健康への影響 死亡指数の増加を根拠としたレビュー イギリスの場合

2018/02/04
Heals effects of milder winters: a review of evidence from the United Kingdom
Hajat.S

Department of Social & Environmental Health Research, London School of Hygiene & Tropical Medicine, 15-17 Tavistock Place, London, WC1H 9SH, UK. shakoor.hajat@lshtm.ac.uk

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29219101

アブストラクトからの抜粋

 

寒さに関連した死亡率および発病率は、重要な公衆衛生問題である。寒い気候の健康への負担はより高いと報告されているが、そのような評価の証拠は、冬の死亡指数の増加に基づいている。

症例研究では、寒冷にさらされることによる急性の健康への影響の証拠が見える。寒い日では1℃平均気温が低下する毎にイングランド&ウェールズでは全原因死亡率が6%増加すると報告してる。スコットランドの主要都市では、平均気温が11℃以下で1℃低下した場合、全原因、心血管系、呼吸器系および非心臓系からの死亡率がそれぞれ2.9%、3.4%、4.8%および1.7%増加となる。

人口統計学的、社会経済的および環境的特性の分布の違いは、地域間で観察される寒冷リスクの違いで説明できると思われる。

寒さに関連した健康への影響は、寒さを最小限に抑えることである。

燃料貧困を削減するための介入政策は、寒さに伴う現在および将来の健康負担を決定する上で重要な役割を果たす可能性が高い。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。