コンテンツへ移動

ヨーロッパにおける運転免許発行条件のケーススタディー ”高齢者のための運転適性試験の根拠はない” 

2018/01/28

 

本研究は、全体的に高齢者ドライバーが高リスク群ではないと結論を得た。したがって、高年齢層のための運転適性を試験する根拠はない、ほとんどは少なくとも他の年齢のドライバーと同じくらい安全である。

リスクの高いドライバーを特定しようとする試みは、リスクが高い証拠を持つドライバーのみに限定すべきである。

:https://www.researchgate.net/publication/23164977_The_Licensing_of_Older_

私のコメント

上のグラフは、百万km走行距離当たりの年齢層別、年間走行距離別の事故に関与した運転者数を示したもので、特徴的なのは、年間3千キロメートル以下しか運転していない運転者の事故が全体的に多く、低年齢と高齢者に目立つことである。これは「低マイレージ効果」として知られている現象を表している。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。