コンテンツへ移動

高齢運転者を自己判断力のない無能者として強制的に運転免許を規制することへの間違った証拠

2017/12/02

Driving Choices for the Older Motorist The role of self-assessment tools

http://www.racfoundation.org/assets/rac_foundation/content/downloadables/driving_choices_for_the_older_motorist_lang_parkes_and_fernandez_medina_0213.pdf

高齢者自身の自動車運転選択肢自己評価ツールの役割

関係する証拠の要約と現在の交通政策の背景への影響、主な所見は次のとおりである。

  • 高齢者人口は増加している。それは一様にではなく(ますますモバイル化されている?)。
  •  移動の自由は独立性、自律性、幸福の重要な側面である
  •  車の運転は高齢者のための比較的安全な移動手段であり他の道路利用者に対しても安全を維持している。イギリスの高齢者の死亡率は減少している。
  • 高齢者の大半は、自己規制により運転スタイルやパターンをうまく適応させ、安全な運転記録を維持している。このような認知、感覚、運動機能の経年的な悪化に対する自己規制は、運転時間や状況に関する柔軟性が大きく、運転快適性の優先順位付けも変化の一部として認識されている。
  • 高齢運転者のごく一部が自己規制を正しく認識していない事実があり、運転停止(自己規制のエンドポイント)に関する研究では、過去の運転手のごく一部は、ライセンスを早期に放棄したと感じていることが示唆されている。
  • 不確かな情報による自主規制だけでは、高齢運転手の安全を維持するのに十分ではない。しかし、高齢運転者が認知機能と知覚能力に関する注意情報を尊重し、それを利用して彼らの運転スタイルを適応させることを示唆する証拠がある注意情報がドライバに有益であるためには、高度にパーソナライズされるべきであることを示す証拠がある。
  • 既存の年齢ベースの許認可手続きは費用対効果が少なく、道路安全性の効果は提供されていない。実情は、高齢者の免許保有率を低下させ、より安全性の低い輸送形態へのモーダルシフトを誘発することにより、リスクにさらされることがある。
  •  潜在的に安全でない可能性のある運転手のごく一部を特定するためのアプローチは、先ず先に、費用対効果の高い事務局ベース多層評価(multi-tiered)を含む高齢ドライバに30項目のスクリーニングテストを実施し、その後必要に応じより専門的な評価を行うべきである。

  • 研究の知見が増えているにもかかわらず、道路安全性の結果の信頼性と予測価値が高い、使いやすく費用対効果の高い診断ツールの標準化された方式に関する国際的な合意は現在ありません。
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。