コンテンツへ移動

自由行動下血圧計(ABPM)を装着した2年間の記録分析 

2017/10/07

2015年9月、PM-50 (CONTEC製)を購入し一日24時間30分毎の測定測定に設定して2015/10月以降2年間の計測記録を得た(2万計測値ほど)。上腕カフによるオシロメトリック方式自動測定記録装置で、安価ながらアメリカFDAで計測テストがなされた家庭血圧モニター装置である。

その全記録をプロットしたものが下のグラフである。私は、以前から循環器科による血圧管理を受け、その間医師に処方された降圧剤を服用中である。

この測定値は、日常生活中の定時測定であり、一定の条件(座位安静時)によるものではない。したがって変動は大きい。ただ計測中動揺など失敗と判断される値はマークされ除外できるものである。

全計測値についての相対度数分布(%)は下のグラフのようである。

一日を4っつの時間帯に分けて分類した度数分布は以下のようで、夜間・深夜帯と早朝・昼間活動期に別れた変化を見ることができる。

全期間の日間時間帯平均をとったものが下図である。

全期間中の総平均値(n=19,600)は、収縮期126.0mmHg, 拡張期が70.7mmHg である。

収縮期の血圧で見ると、就寝前の時間帯の平均に対する早朝時間帯の上昇は7mmHg程度。拡張期についてもほぼ同様の上昇がみられる。

血圧、脈拍の季節変化について統計を取ったものが下の画像である。明らかな季節変化は見られない。これは、自宅内の生活温度コントロールを年間24時間を通して22℃から25度℃にしているためであろう。外出時を除き、自宅では着衣や寝具など季節によりおおきく変えることはない。

脈拍数に関しては、2年ほど前から突発性心房細動が主に夜間発生するようになった。下のプロットに見られえるように毎分140程度の時間帯がみられ、その頻度が高くなる傾向がみられる。

脈拍数の頻度を取ってみると、毎分120拍以上が数%見られるが、細動中は測定した頻度が多くこの分析では多めに出たと判断している。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。