コンテンツへ移動

道路信号は何のためにあるのだろう? ある交差点の情景

2017/06/15

上の画像は私の車のドライブレコーダーの一コマである。赤信号で直進する左車線の車2台、右車線ゴミ収集車一台、右折車信号で進行している車を遮る。日常車を運転している人なら恐れく経験しているはず。

この状態で、もし高齢者である私の車が右車線のゴミ収集車と衝突したら警察はどう処理するだろう?

声の大きいゴミ収集車の運転者の言い分を認め、高齢者の私の過失として手際よく事故処理を行った警官が評価され、私の負け。

裁判で証拠能力を認められるドライブレコーダーのシステムの承認が必須であろう。

One Comment leave one →
  1. spaceglow 市川 敏朗 T.Ichikawa permalink
    2017/06/16 20:14

    このような画像を見れば日本人は運転マナーが悪いと決めつける道路信号管理者警察庁、そのせいで、一般の運転者もそう思いこんでいる? 警察庁のお偉方、改良された信号交差点のアメリカ・カナダで生活した経験はあるだろうか? 日本人の運転マナーは決して悪くはない。信号システムに無理があるからである。
    急ブレーキをかけなければ止まれない短時間の黄色信号、危険で見落としやすく理屈に合わない信号を改良しない警察。それにもかかわらず日本の運転者の事故率は世界一少ない安全運転者である。
    また、道路速度標識は安全標識ではなく道路の属性を表し速度違反の基準としての標識に他ならない。道路管理を評価する組織がなく、管理責任を問われない無責任さが目立つ。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。