コンテンツへスキップ

自民・公明の国会議員の皆さん 組織的犯罪処罰法に反対投票し同法適用第一号になってみませんか? ”党議拘束に反し結束した容疑”

2017/05/23

党議拘束これこそ憲法違反。これこそ独裁権力の脅し。

反対し、次回の総選挙で党の公認を得られず、それでも立候補し落選したらあなたは組織的犯罪で拘束され犯罪者に。”党議に反し結束した犯罪”

世界では、大統領でも権力を失えば犯罪者にされ監獄に直行、よくある話。

議員の皆さん、考えてみたことはありませんか?

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。