コンテンツへ移動

10万円以上の現金所持・保管はテロ等準備罪の捜査対象に 政治家の皆さん大丈夫ですか?

2017/05/03

銀行で合法的に何億円でも現金化することができる国は日本だけではなかろうか?

「10万円以上の現金所持・保管はテロ等犯罪準備行為として捜査・処罰の対象とする。」 本当にテロ等防止法の趣旨であればこの条文がトップに来るはずであろう。

これを奇想天外の話と思う人、初めて聞くという人があれば、それは日本の報道メディアの責任。

現在の国際情勢は残念ながらこんな危機的状態にある。すでにヨーロッパの国では500~1000ユーロ程度の額の現金決済を犯罪行為としている国が複数ある。アメリカでも複数の連邦監視機関により個人の銀行間移動金額は制限され、厳しく監視されている。

本質的な欠陥を隠しての国会議員たち。”きのこ取りがテロ準備資金”こんな議論、おとぎの国の委員会のよう。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。