コンテンツへスキップ

日本の乗用車事故死者率は世界一の安全を達成した。こんな素晴らしいニュースを公表しない警察庁やメディアの不思議、交通事故死者の国際比較OECD2014年のデータベースより。歩行者と自転車は32ヶ国中25、24位 最下位の部類 これはどういうことか? 

2017/04/12

下の画像はOECDのCompare your countryツールから各項目について昇順に順位を検索しその画像をコピーして組み合わせたものである。

交通手段別人口10万人当たりの交通事故死者率の国際比較。少ない方からの順位表。

乗用車 1位      歩行者 25位     自転車 24位     自動2輪 12位

http://www.compareyourcountry.org/road-safety?cr=oecd&lg=en&page=2&visited=1

日本の総合事故死者の人口10万人当たりの死者率は少ないほうから10位となる。これは日本の歩行者と自転車利用者の死者が多いためである。

年齢層別人口10万人当たりの交通事故死率の国際比較。順位表。

日本の極めて特徴的なことは、15~24歳の若者の事故率が欧米諸国に比べ極端に少ない一方、0~14歳が11位でこれは学童の歩行通学のためとみられる。高齢者は21位、これは高齢者の歩行・自転車利用が多いためとみられるが、ここではデータベースがない。

65歳以上 21位    25~64歳 4位     15~24歳 2位     0~14歳 11位

http://www.compareyourcountry.org/road-safety?cr=oecd&lg=en&page=1&charts=c1462882999874+1+c1462882952658+c1462882952658&template=6#

日本の世界一の安全運転者を悪者にする交通行政、高齢運転者の事故率(死亡率ではない)が特に大きい統計もない。高齢者を危険な歩行者や自転車交通に追いやることが、高齢者の脆弱性に伴い全体の交通災害を増加させることにどうして理解が及ばないのか不思議でならない。

日本のOECDのデータは警察庁が報告しているにもかかわらず。

Road Safety

Compare your country is a service provided by the OECD. You are invited to share this tool or to embed it into your website. OECD Terms and Conditions apply.

Data source

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。