コンテンツへスキップ

ヨーロッパにおける高齢者交通手段別死亡事故についての考察 GDPとの関係 高齢者のより安全な交通に向けて Ⅱ

2017/04/07

下のグラフは、ヨーロッパ各国における歩行、乗用車運転および総交通手段事故死数について、それぞれの手段ごとの全年齢事故死亡者数に対する高齢者(65歳以上)の事故死亡率を低GDP国群と高GDP群に分けて描いたものである。

名目GDPが3,000(USD/人)以下の国       3,000(USD/人)以上の国

これで見ると、低GDP国では高齢化率の増加に伴い高齢者(65歳以上)の事故死者が増加傾向にある。

高GDPグループの国では、何れも高齢化率とはほとんど関係がなく、強いて言えば、高齢の乗用車運転者の事故率は豊かな国では、人口の高齢化に反し減少の傾向があると云えるほどである。これは道路インフラの充実や、運転経験の長い高齢者の増加、安全性の高い乗用車の利用などの結果と見られないだろうか? 何れも重要な研究課題と思われる。

自動車交通の定着した高所得国では、高齢者にとって自動車運転による交通が最も安全な手段であり、歩行はその2倍以上の事故死者率である危険な交通手段であると云えよう。

自転車交通に関しては、ヨーロッパでは国により極端に違った状況があり分析が困難であった。

用いた国別表

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。