コンテンツへ移動

高齢者交通に関する欧州委員会のレポート

2017/03/04

新しくアップデートされたレポートを読んで。

MOBILITY AND TRANSPORT:   European Commission.

http://ec.europa.eu/transport/road_safety/users/eldery-drivers_en

ERFスポンサー機関:欧州委員会 – 総局モビリティと輸送のための。2015年12月

高齢者ドライバー:

人口の高齢化に伴って高齢者ドライバーの割合が増加しています。高齢者は、身体的能力の弱まりのため特別の注意が必要です。しかし、高齢者用の特別な交通ルールはありません。

身体的虚弱性:

高齢ドライバーは、他の人々を危険にすることより、自分自身のリスクのほうが大きいのです。75歳以上のドライバーの死亡率は、平均より5倍も高く、彼らが受ける傷害率は2倍も大きいのです。

彼らの身体的能力の減衰(弱くなった視力や反応遅れ)は日々の運転を少なくする行動になっています。

年齢とともに積んだ経験:

高齢ドライバーは、彼らの運転経験により、道路がすいているときの昼間、天気の良いときを選んで、身体的欠点を補い事故を軽減しています。

安全評価:

傷害の大きさはエアバッグなどの車の安全装備により軽減できます。また、各種の運転補助システム、他の車に近づきすぎたときの警報や、駐車の際の正しい距離の判断、また複数車線を安全に走行為の車線保持システムなどの恩恵は、運転訓練と同様に得られます。

この文章では、先進の運転支援システムや運転行動と安全上の可能性の分析をし、システムを評価し、さらなる開発の重要順位を検討しました。

________________________

リンク記事 :

ヨーロッパの高齢化に伴う交通の安全とリスクに関する対応策    

アブストラクト:

2050年には65歳以上の高齢者人口は4分の1以上になるでしょう。それに伴い高齢者の道路利用の活動は増加します。

その結果、道路安全状況は変化します。それは、通常の老齢化のプロセスにより身体的機能の低下が運転を困難にするからです。

しかし、高齢者の自転車と歩行者の死亡事故のリスクは高齢者のドライバー事故より数倍も高いのです。

高齢者の病気や機能性の低下、都市道路、歩行交通そして治療薬の服用などは主要な要素です。これらの課題に対し、このレポートは、正しく高齢者の安全上のリスクを探求したものです(運転者、同乗者、歩行者)。

これらに対する包括的・能動的な戦略は、近い将来の高齢道路利用者のリスクと安全性に関し高齢者の移動性の必要を満たすために要求されるものです。

見解:

この戦略には、政策レベルと“総合的なデザイン”の要素、インフラ、教育・トレーニング、免許行政、自動車のITS技術などの包括的な領域に介入する必要があります、

追記: このレポートは、全159ページ(pdf=216)、添付された参照論文・資料のリストだけでもpp.162-216(pdf)ページに及ぶ学術論文に匹敵するものです。

https://ec.europa.eu/transport/road_safety/sites/roadsafety/files/pdf/studies/eldersafe_final_report.pdf

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。