コンテンツへスキップ

30年以上前に書かれた本 日本の現在のメディア感覚との違い

2017/02/26

これは、1985年出版、1998年日本語訳・出版の本と昨日の新聞記事の見出し。

年齢で区分した人権差別に気が付かないメディアの記事の見出しの一例、高齢者に限らず金融資産の移動には公的な記録と監視機関を置くべきで、国際的テロや麻薬資金の追跡には不可欠である。現在の日本国内でもUSドル資金の銀行間移動には厳しい手続きを経験したことがある。

高齢者の交通事故:左の文章、この本からの一節。

30年以上前にすでに認識されていた事実、高齢者にとって道路歩行の危険性。警察庁はデータを持ちながらこの事実には触れない。高齢者から運転免許を取り上げることだけに熱心である。これではかえって日本の交通死者を増やすだけである。これは、私がいままでこのブログで根拠を示しながら書いてきたことである。

私が通院している大学病院、片側2車線双方向道路に面しているが横断歩道はない。病院前にバス停があっても交差点にある歩道まで遠回りをしなければ道路交通違反になる。

1990年代には既にヨーロッパでは、研究の結果高齢者の運転免許条件を厳しくすることで社会の総合交通安全が増すことはなく、かえって歩行者の増加による危険性は知られていた。

現在の日本、年齢による根拠のない差別は人権違反になるとの認識がどうしてないのだろう。人はみな高齢になる、だから差別には当たらないと云うのだろうか?

 

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。