コンテンツへ移動

高齢者の主な交通手段別事故死者の国際比較

2017/01/20

状態別死者数の欧米諸国との比較、p.14.

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&listID=000001150497&disp=Other&requestSender=search

日本は世界一高齢化の進んだ国とは云え日本の高齢者交通事故死者の割合は、自転車と歩行で人口比に比べ大きく開いている。ヨーロッパの国々でも同様の傾向がみられるが日本ほど極端ではない、ドイツでは自転車事故死者が突出しているが事情は分からない。

日本は最も高齢化の進んだ国であり、高齢者人口が30%程度(2015年)である。高齢化が20%以上、道路状況の似通ったのイギリスと比較すると日本の高齢者の置かれた交通状況の厳しさがわかる。

日本でまずやらなければならないのは、あるいはできることは、高齢者が自転車や歩行で生活しなければならない状況を変えることである。高齢者に安全な自動車利用が出来るよう援助することである。

高齢者運転が罪悪のように宣伝して高齢者から運転免許を取り上げることではない。フランスは生涯運転免許の国であるが上のグラフで見る限り高齢者自動車事故死者の高齢者比がもっよも少ない国である。このことはヨーロッパの運転免許管理組織が行っている各種分析でも知られている。

アメリカは、上記5か国中自動車事故死は一番多いが、特徴は、高齢者でも自動車交通が必要で運転者が多く、歩行や自転車での移動が不可能な交通形態である。しかし高齢者の乗用車乗車中の事故率は非高齢者層と変わらない。注目すべき事実である。

上のグラフで、日本の事故死が多いと勘違いしてはならない、この図は高齢者と非高齢者グループとの事故死者数の比であって強いて言い換えれば高齢者の被害率である。事故の多さではない。

高齢者がまだ安全に運転できる間に、あやまった判断で運転をやめることの無いよう社会が見守ることが社会全体の交通事故死者を減らす最も効果のある事実である。 ヨーロッパの研究成果から。(IRTAD;OECD)

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。