コンテンツへ移動

内閣府の白書から メディアはなぜこの事実をキャンペーンしないか?

2017/01/19

平成27年交通安全白書(概要)  >  第1章 道路交通事故の動向

http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h27kou_haku/gaiyo/genkyo/h1b1s1.html

これは私の書いたグラフではない。

高齢者交通事故死者率の最も高いのは歩行中と自転車乗車中である。65歳以上の場合、歩行中の死者数は自動車乗車中の1.8倍、歩行と自転車利用中の死者数は自動車乗車中の2.3倍にもなる。

自動車の場合、運転中と同乗中を分けていないので運転中の事故とは限らない。高齢になるほど運転中に比べ同乗の割合が多くなると思われるがデータはない。

マスメディアの使命、日本の現在の交通災害の最大問題は高齢者の歩行・自転車利用の危険を知らせることであり、いかにしてそれを減らす提案をすることであり、高齢運転者を悪者にする問題ではない。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。