コンテンツへスキップ

高齢運転者は、車交通や歩行者など他の道路利用者に対して重大な脅威ではありません 日本の統計でも同様です

2016/11/25

事故により死亡する危険性は、運転者や同乗者が高齢になるほど大きくなります。

高齢運転者は”走行距離当たの事故に巻き込まれる率が高い”:運転免許当局への示唆

Older drivers’ “high per-mile crash involvement”: the implications for licensing authorities.
著者 Eberhard J.    Traffic Inj Prev.2008 Aug ; 9(4):284-90.

http://www.atgcchecker.com/pubmed/18696383

http://www.tandfonline.com/toc/gcpi20/current

目的:自動車交通管理当局が、高齢運転者の事故リスクと移動の必要性についてどのように対処しているかを検討します。

方法:National Household Travel Survey その他のデータベースから、最新の事故や道路利用の実情に合わせて、道路管理者が安全性と移動性の必要をどのような優先順位を付けて設定するための要素を検討します。

結果: 高齢運転者は走行距離当たりの事故リスクは高くなっています。事故で死亡するリスクは、加齢による機能低下に原因する運転事故のリスクよりも身体的脆弱性に原因する可能性のほうが大きい。

研究論文の多くの結果は、高齢運転者は他の年齢の道路利用者のリスクにはなっていない。さらに80歳以上の死亡事故率はこの10年来減少しています。これは、高齢者の運転人口が増加するに従い事故死者が増加するという予測と異なります。

80歳以上の運転者の免許保持者当たりの事故は増加しています。しかし、自宅地域の複雑な道路をまれに短距離だけ運転する運転者は事故のリスクが増大することがわかっています。これは最新のエビデンスです。

運転をやめた高齢者は、移動性が半分以下に減少します。この人たちの移動の必要を確保するため公共の交通機関と綿密に連携する必要があります。

結論: 高齢運転者は、車交通や歩行者など他の道路利用者に対して重大な脅威ではありません。事故により死亡する危険性は、運転者や同乗者が高齢になるほど大きくなります。

したがって、運転管理者が免許条件を引き上げることを支持できるのは、運転を停止された増大する高齢者のために、関係機関が持続的な移動を確保できるかにかかっています。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。