コンテンツへ移動

交通事故件数の類型別に見た年齢層別特徴に著しい差異はなく 実勢の事故件数は高齢になるほど減少している 

2016/11/20

下のグラフは政府統計データベース、平成27年における交通事故発生状況 から描いたものである。

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&listID=000001150496&disp=Other&requestSender=search

上のグラフを見て、高齢運転者の数が少ないので事故件数が少なく見えるだけという批判、

再度強調したいのは、社会的に重要なのは事故件数そのものの実勢値である。これで見る限り、高齢運転者が異常に社会的に危害を与えている事実はない。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。