コンテンツへスキップ

交通事故における高齢者の死亡に至る脆弱率の試算 

2016/11/19

死亡件数だけの比較で年齢層別の交通事故の実態を考えるのは間違いだ。

年齢層別道路交通暴露量: 実際に道路を利用した年齢区分当たりの総人数と移動距離をかけた量、移動手段別の人数キロメートルが公表されていないので、ここでは交通事故の負傷者数が暴露量に比例していると仮定して考える。年齢層の違いによる交通手段の利用分布の違いを無視した論理的誤差は認めるが他に推定手段が見当たらないので利用した。

下のグラフは、年齢層別負傷者数の分布である。

同様に、交通事故死者数の分布を示す。

交通事故発生状況の推移(昭和23年~平成27年)

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&listID=000001150496&disp=Other&requestSender=search

交通事故における死亡虚弱率: 負傷者数に対する死者数比を虚弱率と仮定する。

下図は、65歳未満の平均虚弱率を基準として、65歳以上の年齢区分別虚弱率を指数化したものの年次系列グラフである。

高齢者は、無防備な自転車や歩行が多いことを考えると、この80歳以上の脆弱率の値は大きすぎると言われれば反論の根拠はないが、いずれにしても、事故の死者数で高齢者が事故を起こしやすいとの判断は間違っている。

数値は別として、高齢者の交通死亡事故に関する分析では、脆弱率を考慮するのは欧米の自動車先進国の研究論文では常識になっている事実である。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。