コンテンツへ移動

エプソン・パルセンス500 ウェアラブル脈拍計の精度検証 装着負担が少なく安価でありながら十分な性能を持つ機器と思う

2016/08/25

心房細動2016_8_24

今日は苦情ではありません
添付グラフに示したように、貴社のPulsense500 は医療機器に匹敵する性能を持っているという実例です。
私は2年ほど前より夜間休養時に稀ではありますが突発性心房細動を発症します。
そのため、貴社の装着負担の少ないウェアラブル脈拍機器を購入し警告と同時に、医師への参考資料として記録を取っています。同時に、装着の負担は大きいが上腕カフ・オシロメトリックABPMで血圧記録とともに心拍数も記録しています。心電計については、ホルター機器ではなく、細動が検出されたときマニュアルで計っています。
添付グラフに示すように、昨夜の発症時には、この三種の機器による同時記録が得られました。
グラフに見られるように、Pulsense500の20秒プロット値は、同時刻に測定された、ABPM、心電計と良く一致しています。
脈拍や心拍は安静時でも変動するもので、ここで見られる機器間の誤差は問題にならない正確さと判断されます。
せっかくこのような正確な機器を発売しながら、データの信頼性を、検証可能な証拠を示して回答しないで、言葉だけであいまいな おもちゃのような印象を与える説明は不可解です。
医療機器としてならいろいろ制限があり登録のコストもかかりますが、健康器具だからと言ってデータの信頼性を公表してはいけないという法律はないと思います。
優秀な技術力を持つエプソンとして残念に思います。
検証可能なお返事をお待ちします。

___________________

以上は先ほど送ったメール。

—–Original Message—–
From: 「MyEPSON」 E-mailサポートセンター
Sent: Thursday, August 25, 2016 9:43 AM
To: ichikawa21@hotmail.co.jp
Subject: [000316080600003] 「MyEPSON」 E-mailサポートセンター
市川 様
「MyEPSON」E-mailサポートセンター責任者 村田よりご連絡申し上げます。
このたび、「8月23日」ならびに「8月24日」に市川様よりいただきました
メールに関しまして、弊社にて受信し内容を確認しております。
今回も弊社技術部門にていただいた内容を確認のうえ、ご回答させていただきますので、
お時間を頂戴しますが、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。