コンテンツへスキップ

国保保険料の負担と受益 都市間の格差

2016/07/04

国民保険加入者の世帯主が支払う医療と介護保険料(2016年度)と加入者一人当たりの医療費(2014年度)及び所得金額について、保険料が低い都市10位と、高い都市10位の記事を見て。

朝日新聞、シリーズ「にっぽんの負担」2016/7/4  から。

 

私の住む岐阜市、すべてにおいて中庸で特徴のない都市と思っていたが、この記事では年間支払い保険料が最も少ない都市としてランクされていた。

説明では、岐阜市は法定外繰入金や、扶養家族の多い人の保険料負担を減らす独自の仕組みがあり、国保負担が少ないのが原因とある。

この記事の表のデータから、保険料と加入者一人当たりの医療費の相関グラフを描いてみた。

image

 

この記事の解説にあるように、岐阜市の特異性は、負担を減らす行政の補助制度にあるようで、これが統計的に他の都市と異質に見える結果となっている。

豊かな都市、豊田市については、加入者の平均所得が高いために所得当たりの保険料を低く設定できるのが原因のようだ。その上、健康な高齢者が多く、一人当たりの医療費が低いようにも見えないだろうか。

一般には、年間医療費がかかる都市ほど保険料が高い正の相関を示していることが分かる。

ただし、岐阜市は年間医療費や所得などを見る限り、特異性のある都市ではなく、年間保険料を低く押さえているために保険料に対する医療費支出割合が高く2位に順位付けされている以外は、下表のように特別豊かな都市ではないことが分かる。

image

これは、行政の財政支出の優先順位の問題であろう。この結果だけを取り上げて、岐阜市の行政を総合的に高く評価することはできないと思う。

市町村規模でも、首長や議会の政治的判断ににより、この様に財政支出の配分に自由度が許されていることが分かり、貴重なレポート記事だと思う。

また、各都市の年齢人口構成の違いが分析の要素に入っていないのでこのレポートだけでは本当のところはわからない。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。