コンテンツへスキップ

「炉心溶融」という言葉を使うな -東電-「事故」以外の言葉を使わない日本のメディア 何れも検証が望まれる

2016/06/18

日本のメディアでは 東京電力福島第一原子力発電所関連ではどんな内容の記事に際しても

「事故」

以外の言葉を見出しに使わない理由。

なんとなく不自然な憶測が湧く。

 

英語のメディアでは、

事故: 偶然または不慮の良くない出来事 accident

を使う場合は、主に東電福島の原子炉で起こった津波に原因する破損に関連した場合で、日本政府、東京電力等の責任者側の情報を伝える場合のようだ。

 

社会との関連では、

災害、 大きな災害、災難:disaster

危機:  crisis

破局: catastrophy

の表現が圧倒的に多いように思う。

日本では、見出し用語に 東電災害、東電災難、東電危機、東電破局 等見たことが無い。

日本のメディアは、被災者側の立場ではないといえるのでは?

 

ちょっと無理な議論かとも思うが、何となく。

災害か事故か ウェブ・タイトルに見る東京電力福島原発事件の視点 日本語サイトと英語サイトの違い

https://spaceglow.wordpress.com/2011/11/21/%E7%81%BD%E5%AE%B3%E3%81%8B%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%8B%E3%80%80%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%82%8B%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%9B%BB%E5%8A%9B/

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。