コンテンツへスキップ

米国人の死因、第3位は「医療ミス」か 推計25万人が死亡 CNN.co.jp のニュース

2016/05/16

http://www.cnn.co.jp/usa/35082134.html

死亡証明書の記載内容から推定して原因を研究した結果をまとめた米ジョンズ・ホプキンス大学チーム。イギリスの医学誌BMJに研究結果として発表の記事。

この結果によると、米国の医療ミスによる死因は、心疾患とがんに続く3大死因に浮上する可能性があるという。

しかも、この数字は自宅や老人ホームでの死亡症例は含まれていない。

米国に限らず世界各国で、医療ミスの実態が把握できていない問題が存在することが明らかになっている。

医師の絶対的権力の強い日本の病院組織、実態はどうだろう。

 

患者にとっては、実態はどうであれ「医療を」信頼できる方が幸せかもしれないが!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。