コンテンツへスキップ

「原発事故」東京電力福島原発事件 報道用語の統一談合はどんな組織でなされているのだろうか? 「事故」以外の表現はいまだに見かけない。5年目にして ”炉心溶融”は解禁になった様に見えるが

2016/03/12

私の見る限り、国際的常識では「事故」は原子炉に限定した場合であって、社会に影響を及ぼす段階での記事ではその内容に最も適合する表現が使用されている。

下はその一例、事故より2週間後のネイチュアーの記事の使用例である。

image

http://www.nature.com/news/2011/111025/full/478435a/box/2.html

 

「炉心溶融」に関しては、政府、東京電力ともに5年目にしてやっと緘口令は解けたようだが。

”炉心溶融”

Chemicals track Fukushima meltdown

Radioactive sulphur signal adds to evidence of catastrophe.

Published online 15 August 2011 | Nature | doi:10.1038/news.2011.482

News

http://www.nature.com/news/2011/110815/full/news.2011.482.ht

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。