コンテンツへスキップ

アメリカの大統領予備選に見る 強権的言動に魅力を感ずる風潮、自由と人権を守る困難な問題に目を背け 偏見と非難を叫ぶ政治家に人気が集まる危機

2016/03/02

 

日本でも!

日本社会は数十年前から全般的により自由主義的な方向に進んできた。

しかし、安倍政権の望み通りに憲法が改正されれば、これらのほとんどが意味を成さなくなる恐れがある。

安倍晋三、麻生太郎、両首相率いる日本政府は、思想的にも、組織面でも、さらに遺伝子的にも軍国主義時代の政治、財界階層を引き継いでいる。

これらの勢力は、一時期自由民主党内で少数派だったが、今では中心的な権力を握っている。

トランプの日本防衛ただ乗り論、軍事産業に活路を求めるこれらの人々を後押しする結果に。

閉塞感から抜け出せない世界。威勢の良い言動に扇動されやすい危機に。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。