コンテンツへスキップ

血液循環異常と自動車運転

2016/02/27

人間の脳活動は完全無欠ではない、また異常を事前に予測出来るとは限ない。正常であっても、人間は、判断ミスや、錯覚を起すことは医学的に正しく確証されている。

この事実に基づき、航空機では必ず複数の操縦士が義務付けれている、1人乗務の高速列車では、運転士の異常を感知し非常ブレーキが自動的にかかる装備を持つ高速鉄道も現在運行されている。

路上を走る自動車では、法規的には、運転者は完全無欠を要求され、事故を起こせば全責任を負わされる非人間工学的な制度である。

運転中の血液循環はどのように変化するであろうか?

最近の私は、高速道路を長時間運転することを必要としないが、旅行のため運転する機会があったので、ABPM(自動血圧・脈拍モニター)を装着し、平常の生活状態の時と比較してみた。

下のグラフはその状態を示すもので。白抜きのプロットは平常時、塗りつぶしプロットは運転中のものである。

image

平常血圧は、わたくしの場合、夜間睡眠中の高血圧異常が見られるが、運転中の血圧は平常血圧かむしろ低い方である。脈拍については明らかに運転中は高いが、通常の運動時と同等の拍動数に相当する。

この結果が医学的に正常か異常かは、判断をする解説書やデータベースを見つけることができないのでわたくしにはわからない。

現在車に装備できる安全装置、ミリ波レーダーによる障害物や、画像処理による歩行者を検知する技術はほぼ完成していて一部市販車にはすでに装備されている。

早急にすべての車にこれら安全に寄与する装置の装着を義務付けることで、死傷事故や事故に関与した不運な運転者の悲劇を大幅に減らすことができると思われるがどうだろう。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。