コンテンツへスキップ

信じられない危険な道路信号 ガードレールで分離された片側2車線(全4車線)道路のT字交差点、停止信号が走行帯前方には無い?

2016/02/17

昨日信号を見落とした、幸い事故にも警官の監視にも係らなかった。

なぜ見落としたのか? 不審に思いドライブレコーダーの映像で調べてみたら、ガードレールの外、対向車線の路肩に設置されている右端の信号がこの交差点の信号のようだ。進行方向前方には歩道まで信号は無い。

下の映像:進行方向車線にはどこにも信号が無い様子。現在位置:交差点まで法定速度で2秒前の位置。image

下の映像:上の映像から2秒後の位置。停止線の位置から見た信号は視線の右端にあり、衝突の危険をはらんだ合流車両が左側に見え始める位置。私は左からの流入車が停止中であることを確認して直進した。

image

安全運転には、視野の右端の反対車線の信号より、左側の合流車両の動性に注意を向けなけるのが正常ではなかろうか。

どう見ても実施にこの道路を走って安全を確認し、信号を設置したとは思えない。

私は、合流点を通り過ぎた時点で前方歩道上方にある信号で停止したが、グーグル写真で見るとこの場所はT字交差点の中。ここで車列が停止すれば流入車をブロックすることになる。信号的には違法停止のようだ。

歩道上の信号Bの手前の停止線。

image

 

下の映像は、このT字合流交差点を上空から見たグーグル画像である。上の3枚の映像は、この画像の右上方から左下端に走行した場合のものである。進行方向の信号の設置位置は AとB点である。私が見落とした信号はAで、中央分離帯を越え反対車線の路肩に立てられている。ドライブレコードの映像で見る限り、A,Bの信号は同期して作動しているようだが合流車線側と歩道信号とはどんなサイクルで制御されているかわからない。

image

この信号Aを見落とすのは私だけだろうか?

また、B地点の歩道は、自転車や地下道の階段が困難な高齢者の利用のための様にみえる。

信号は誰のために! 安全通行のための信号ならば、A地点ではなく、進行方向、中央分離帯停止線の位置に建てるのが自然であろう。

なお、この道路画像上方に中学校があり、通学用には横断地下道がA地点に設置された主要道路でもある。しかし、学校近くであることを知らせる注意標識は無い。

T字合流点、上の空中写真で下端から上方向に見た情景。

image

 

上空から見ると、一見安全に注意した路面構造に見えるが、信号とのミスマッチが感じられる交差点でもある。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。