コンテンツへスキップ

もうすでに実用化されている自動車の自動安全運転装備 道路の安全管理責任が問われない日本では十分活用できない限界がある

2015/12/17

世界で最も自動車事故死傷者率の少ない国の一つスウェーデンの車、Volvo-V40 2013年型。

前車速追従機能付きアダブティブ・クルーズ・コントロール、衝突回避オートブレーキシステムと同調。設定速度より遅い先行車がある場合、設定した車間(時間距離)で自動追従する。先行車が停止すると3~4メートル離れて自動停止。200km/hまで作動可能。

下のグラフは、この車での高速道路走行の例、クルーズ速度を110km/hに設定の場合。合流加速時のアクセル踏み込み以外には1度だけ、追い上げてきた高速車両を避けるため設定速度以上に加速した時にだけアクセルを踏み込んでい

高速道走行時、アクセルもブレーキからも解放され、設定クルーズ速度以下になっている場合には同じレーンに先行車がある場合で、設車間時間間隔(3秒)で車間距離を保ち先行車と速度を合わせて自動走行していることが分かる。15:20以後の記録は一般道走行時のものである。

image

一般道路走行時の記録の場合、クルーズ速度70km/hに設定。先行車が無い場合には停止信号などでブレーキペダルを踏む必要があり、この場合自動運転機能が解除されるのでアクセルペダルを踏まないと発進出来ない。また横断歩道などのある市内では自動コントロールを解除しているので、アクセルペダルを頻繁に踏んでいる。自動コントロールを解除していても、人体や先行車を検知し危険が迫ると警告音を発し、もしそれを無視すると非常ブレーキにより自動停止する安全装備がされている。

image

上のグラフの場合、走行速度が70km/hになっているのは先行車両が無い場合で、それ以下の場合は道路が混みあっていて車列が出来、それに追随している場合であり、この道路の(法定速度50km/h)実勢速度と見ることができる。

ヨーロッパでは、ラウンドアバウト交差点が標準で、信号交差点が少ないのでこの車は交差点信号は感知しない。先行車がいない時には信号を見て自分の足でブレーキペダルを踏まなくてはいけない。

また、この車は、道路の速度標識や追越し禁止マークを自動感知するが、日本では法定速度標識は道路の属性表示であり、状況に合わせた安全走行情報になっていないのでかえって危険である。

私はこの車を2013年5月より運転していて動作の安定性をを確認し安全性を実感している。すでにこのような技術が20万円程度の価額で装備できるにもかかわらず、日本の交通安全機関では評価せず、無視している理由が分からない。

交通警察国家日本では、事故に遭遇した運転者を検挙したり、運転免許を停止したりすることで交通安全が守られるという、半世紀にわたる根拠のない権力政策がいまだに続いている。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。