コンテンツへスキップ

高血圧の基準値はどのようにして決められたか? 基準値の統計的根拠と個人測定値との関係

2015/11/01

高血圧の基準の一例

image

image

これとは別に

24時間血圧計の使用(ABPM)基準に関するガイドライン(2010年改訂版)によると、無治療随時正常者の1,225人の24時間ABPMの平均値は115/72とあり、この平均値+2SD値は131/84であると報告されている。また、随時血圧とABPMの関係から140/90mmHgに相当する24時間ABPM値は男性で123-127/74-79に相当するとしている。

このことから、現在流通している高血圧基準表の値は、健診時や診療室での随意個別血圧測定値に基づいた大規模な疫学調査から、健常者とみられる統計値の確率的な上限値と理解される。

言い換えれば、人間ドックや診療室での随時血圧からは上限値140/90mmHgを超えれば間違いなく高血圧といえるが、たまたま計った随時血圧がそれ以下であった場合、それを健常値とは言えないとが分かる。

まして、降圧剤などで管理されている人の薬効の判定を2~4週間毎に測定される診療室血圧だけでは統計的に不可能なことが分かる。

高血圧治療ガイドライン2014本文では、すべての集団において「ABPMは診断室血圧以上に心血管発症を予測できる」(電子版p.18)としている。

しかしながら、外来診断の現場ではABPMを用いているところは少ないようである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。