コンテンツへスキップ

障害物を検出してアクセルよりブレーキを優先する装置をなぜ義務化しないのか? メディアは未開発の自動化運転より先にこの設置キャンペーンをすべきであろう。高齢者が事故になったときことさらに運転の欠陥を目立つ記事にすることは何の役にも立たない

2015/11/01

今朝のNHK名古屋の「ナビゲーション」を見て思ったことこと。

未開発の技術よりすでにほぼ完成して、一部の車には装着されている自動ブレーキシステム。

高齢者の運転事故のニュースで目立つ記事にするブレーキとアクセルの踏み間違い。この装置があれば起こりえない。ブレーキとアクセルの踏み違いは高齢者に限ったことではない。

日本で発売されているスウェーデンの車ボルボの小型乗用車、2013年型ではすでにこれらの装置を含むセーフティー・パッケージが20万円ほどのコストで装備されている。

高速道路で多い大型トラックやバスの追突死亡事故、車間距離保持装置と自動ブレーキシステムの設置を義務化すれば大幅に減少させることができよう。

メディアは、警察庁の交通事業者や運転者の罰則強化や、高齢者から運転免許を取り上げるキャンぺーンの間違いを指摘すべきであろう。

運転免許が無くなるとき。2020年には来るだろうか?

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。