コンテンツへスキップ

自由行動下血圧測定結果の統計 わたくしの場合

2015/10/29

ABPM50を購入して1か月余り。30分間隔に設定して3週間余りのデータ蓄積ができたので統計分析をしてみた。

先ず収縮期血圧の値に注目したのが下記の結果である。全データの血圧値度数分布

image

色分けは、青色:就寝時間帯、オレンジ:午前中、灰色:昼休み時間帯、橙色:午後から夜までの時間帯。

最多血圧区分は120-129 mmHgで総平均は123mmHgであった。一応血圧はコントロールされているように見える。

ただし、140mmHg以上の出現割合は全体の12.5%でありこれは適正なのかどうかはわからない。

次に、血圧値の日内変化をプロットしたものが下のグラフであり、

image

これの平均値と標準誤差範囲、この期間の測定時毎の最大値、最小値をプロットしたものが下のグラフである。

image

日中変化の特徴は、血圧の高い時間帯は8時から9時と18時である。早朝高血圧症と見るべきだろうか?ただし平均値の最高は140mmHg程度である。18時夕食後の血圧低下は食事中のワイン(250mL)のアルコール摂取によるものと思われる。

就寝中血圧が下がらない(eiser/non-dipper)であることが分かった。

飲用を休止している薬剤とABPMでの管理状況を医師に見せて、27日の診察時より処方からメインテート2.5mg、ラニラピッド(0.1mg)、ドキサゾシン1mgの3剤を外した。

ワーファリン3.5mgを服用していたがinr1.2となり効果が不足ということでイグザレルト10mgに変更した。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。