コンテンツへスキップ

国会議員の尊厳も人権も認めない安倍・麻生の強権統制に対し 沈黙を守る自民党議員 こんな人たちに我々の社会は任せられない

2015/09/09

戦前から続く権力集中の姻戚家系にすがり、当然のごとく日本の政治・経済界は自分たち貴族の利権ように振る舞う彼ら。

国会議員として尊厳も人権も踏みにじられても沈黙を守る自民党”平民”出身議員たち。

80年以前の亡霊の復活ような政治を許し続ければ、いまヨーロッパに流入しているシリアの難民と同様、日本でも有能な人たちを世界に流出させる事態にならないとも。

野田聖子議員を総裁候補に推薦した顔を見せない人たち。プライバシーというかもしれないが選挙民に委託された政治家の政治活動は責任を明白にしてこそ成り立つはず。

”勇なきなり”か!!

この様な集団に、我々を「国民と」呼ばわりされたくない。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。