コンテンツへスキップ

自虐外交としか見えない安倍晋三総理 欧米主要国首脳の出方が出そろったとこで中国訪問を見送る決定 この時こそ当事国日本の首相が すべての戦争犠牲者に献花すべき好機 世界はそれを見て指導力のある日本の政治家と評価するはず

2015/08/24

image

欧米の政治指導者の仲間になったつもりか? 安倍首相。彼らに表向きは歓迎されているように見えるが、無視され軽蔑されていることに気が付かない安倍晋三

抗日戦争勝利70周年記念行事への欠席、中国訪問を見送るその理由、「重要法案の国会審議のため」。自らの国会への指導力の欠如を公言しているようなもの。

最初から中国の記念式点に出席しない決意があったなら、欧米の主要国の出席拒否が発表される前に独自の出席拒否の理念を世界に発信すべきである。

欧米は自主性のない日和見主義を軽蔑する文化。それが分かっていないのもうなずける安倍、麻生そして小泉、留学先大学を落第、留学ビザが切れ帰国の経歴を持つ旧留学生組内閣。

彼らに共通しているのは日本国民に見せる”強がり”。

これに惑わされるほど今の日本国民は無知ではない。

腹が立つ、ほんとうは書きたくないつぶやき!

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。