コンテンツへスキップ

日本だけがなぜ高齢者の自転車事故死者が際立って大きいのか 先進国にあるまじき状況は何が原因か?

2015/07/23

サイクリング 健康と安全 OECD

この報告書は249ページに及ぶ多角的分析のもので、まだ全文を読んでいないが。自転車事故死者の統計で日本だけが異常に高齢者の死者が多いことが報告されている。p.112

http://www.keepeek.com/Digital-Asset-Management/oecd/transport/cycling-health-and-safety_9789282105955-en#page1

image

下図は、加盟各国の統計値のグラフである。(デンマーク:under15: 7%、over65: 40 %)

image

日本だけが、信じられないほど異常であることが分かる。

image

上のグラフは、日本のデータを読み取って分かりやすく描きなおしたものである。

75歳以上のデータは日本の報告がないので74歳までの割合である。

道路管理者はまずこの統計データを認識することから始めるべきである。

しかも、日本の運転者が乱暴だという統計的証拠はどの科学的データベースからも見いだせないことだけははっきりしている。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。