コンテンツへスキップ

政治家や官僚は 真実よりも自分が属する”ムラ”を大切にする集団だ

2015/07/22

人が何を信じるかを決めるのは”ムラ”の心理かも知れない。

”ムラ” = 村 = 狭い限られた排他的生活共同体

そして

個人的な体験や伝聞に頼る確信 =「素朴な確信」

たとえば、

”高齢者運転者は社会に危害を与えている交通加害者集団だ”、日本でも欧米でもこんな統計的証拠はない、むしろ交通被害者である。

メディアも読者の「素朴な確信」に迎合し興味をそそるニュースに仕立てる。

政治家

自身も”素朴な確信”に満ちた信念を持ち、且、社会的にもこれを強要しようとするのが政治家であるといえよう。

素朴なひとりごと。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。