コンテンツへスキップ

医薬品開発の世界比較と日本の医薬品承認審査期間の遅れ

2015/07/10

医薬品産業ビジョン2013 資料 編厚生労働省

によると

新薬を開発できる国は少なく、日本は世界第三位(2010年度)とある。

image

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/shinkou/dl/vision_2013b.pdf

にもかかわらず他国で販売された薬が自国で販売されるまでの平均期間をみると、日本では最も短いアメリカの4倍、比較的長いフランスの場合でも約2もかかっている。

この様な現状を無責任に放置し、行政と無関係なことをさも自慢げに広報するのであろうか。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。