コンテンツへスキップ

年齢層別脆弱指数の国際比較 日本の高齢者は飛びぬけて大きい 歩行・自転車の利用者が多いためであろうか?

2015/02/20

高齢者の道路歩行や自転車交通が危険であることの証拠がここにも表れている。

各国の脆弱率

交通事故の世界比較 (2010)

file:///C:/Users/ichik_000/Downloads/world2012.pdf

脆弱率=死者数/死傷者数*100、 脆弱指数=各年齢層の脆弱率/(30-39歳)の脆弱率

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。