コンテンツへスキップ

交通事故における脆弱率 事故の死傷者数に対する死者の数は自動車乗用中に比べ歩行者は10倍ほど高く何れも加齢に伴い増加する

2015/02/14

この状況はどうしても無視できない。

脆弱率の年令区分

自動車乗用中に比べ歩行者の脆弱率は約10倍、自転車については40歳までは歩行者よりわずか大きい程度であるが60歳以上では歩行者より3倍強の脆弱率となる。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。