コンテンツへスキップ

英国での高齢者ドライバーの運転免許発行と安全性 論文紹介

2015/01/29

英国での高齢者ドライバーの運転免許発行と安全性。

Accident Analysis and Prevention 50(2013)732-741

ミッチェルCG 1

著者情報

アブストラクト

英国での高齢者運転免許保持者は増加し、特に高齢女性は増加している。男性の40から69歳のライセンス保持率は約90%で飽和し、女性の30から59歳では約78%である。

ドライバーがライセンスを放棄し始めるのは70歳を超えてからで、70歳の時に持っていたライセンスを、90歳時点で男性が25%、女性が38%を放棄している。

この論文では、1975年以降の異なる年齢層での事故死や負傷者数について人口比、および運転マイルあたりの値について分析した。

結果は、高齢ドライバーの安全性は、若年層のそれよりも早く改善している。

70歳以上の運転者の死亡者数は、1990年から2004年の間に最も高かったが、以後約40%削減している。80歳以上のドライバについては、ピークは2004年にあった数が、その後はほぼ50%減少している。

この論文では、英国での人口統計学の予測、異なる年齢層のライセンス保持予測と死亡率の動向を年齢層について分析した。その結果は、高齢ドライバーの死亡者数の削減が今後も継続する可能性があることを示している。

高齢道路利用者の見かけ上の致死率は、高齢者の脆弱性のため増加しているのであって。高齢ドライバーの事故の関与率が75歳または80歳以上まで、年齢とともに増加している事実は無い。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22831499

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。