コンテンツへ移動

フランス観光道路の標識 ロワール河畔

2014/08/24

2003年、夫婦でフランスに旅行した。ロワール河畔、ホテル・プリウールへのドライブ経路をグーグルストリートで見る。この辺りは昔の貴族の別荘ホテルや古城など歴史的建造物が多い。

高速道路D347分岐から一般道D751へ、ヨーロッパでは道路の行き先表示がこの様に地名であらわされている。行き先方向の主な地名を暗記していなくては役に立たない。当時はこの様なグーグルビューはなかったので予め標識を見ておくこともできなかった。

地図画像9高速道路出口

ラウンドアバウト交差点の標識と交差点。日本にはい標識”道を譲れ”

画像10ラウンドアバウト標識画像11ラウンドアバウト

村の入り口の表示

画像12村の入り口

路上で初めて見つけたホテル・プリウールの道標。

画像1プリウール標識1

遠くに見える分岐路の左側細い登り口がホテルへの道。右は分岐路に近づいた時の標識。これではよほど注意しなければ通り過ぎてしまう。

画像8プリウール登り口画像2プリウール登り口A

近づいて初めてわかる小さな道標。

画像7プリウール標識2

無事ホテルの門にたどり着いた。ストリートビューはここまで。

画像3プリウール入口

フランスでは、目的の町や近くまでは行けるが。目的の場所にたどり着くのが至難の業である。当時ストリートビューはもちろん、レンターカーにカーナビはなく。地図が頼りであった。

ホテルプリウール

上が二晩泊まったホテル。格式高いレストランで有名か?

ここで道路標識のいろいろを見てみよう。

狭い村道の自伝者道路と優先権標識

画像5優先標識画像4優先標識B

狭い村道の速度標識と横断歩道マーク

画像13速度標識画像15速度標識横断歩道

道路際看板は規制が厳しく、珍しく大きな看板。マック・ドナルド

画像17速度標識広告画像18マック標識

道沿いの商店

画像16商店標識

この様にフランスでは私企業の道路際の道標や看板はほとんど見かけない。このような観光道路でもけばけばしい看板は無い。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。