コンテンツへスキップ

高齢者の安全交通に求められる課題

2014/07/28

image

今後研究を進めるべき課題

FR1。高齢の道路使用者についての研究は、運転に関連する出版物が大部分ですが、もっと多くの研究が、歩行者、サイクリストおよびバス・ユーザに対して必要です。

FR2。一般の道路使用者の交通を妨げずに、高齢の歩行者およびサイクリストの安全性を保障することができる道路施設への変更の研究が必要です。

FR3。現在行われている方法論は、視聴感覚あるいは認知力低下に直面する高齢ドライバーの危険性を単にテストすることのみです。高齢者に必要なのは、安全運転に有効な定期的・系統的なテストの開発です。

FR4。image

「注意深いように」「非常に注意して」「危険:運転をしないように」フランスでは薬物治療薬の包装に絵文字で示されました。追跡調査により長期的な有効性を評価する必要があるものの、このシステムが他の国々でも採用を考慮されるようになるでしょう。

FR5。高齢者のアルコールの精神作用は成人より敏感です、高齢ドライバーに当てはまるべき血液アルコール度の研究が必要です。

FR6。私たちの仕事IFSTTARは、自動車交通から、高齢者の持続可能な交通形式へのモーダル・シフトが、より安全な交通の助けにる証拠を示しました。高齢者の、より独立した、より社会的な、そしてより健康な生活は、地方自治体のヘルス・サービスへの負担が減少することになります。

特に公共交通機関サービスへのアクセシビリティの実際的な方式に関して、また、地域での、サイクリング、ウォーキング、道路環境、などの高齢者に対する適合性の研究が、高齢者の安寧のレベルにとって必要です。

IFSTTAR: The French institute of science and technology for transport

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。